沿革

1955年 資本金100万円で甲府市住吉通りに設立
1957年 硬質塩化ビニル電線管用付属品の生産を開始
1959年 水道用硬質塩化ビニル管継手の生産を開始
1960年 塩化ビニル管継手協会へ加盟資本金を1000万円へ増資
1962年 TS継手の生産を開始
松下社向け雨樋部品の生産を開始本社工場を現在の甲府市上条新居町へ移転
1963年 電材製品のJIS表示を許可される
1964年 冷間式TS継手生産開始と共に硬質PVC粉末配合技術確立
1965年 排水用硬質塩化ビニル管継手(HT継手)の生産を開始
1966年 電材品の型式認可
1970年 排水用DV継手の生産を開始
耐衝撃性硬質塩化ビニル管継手(HI継手)の生産を開始
1973年 QCサークル活動開始
下水道用硬質塩化ビニル管継手の生産を開始
1976年 DV継手製品のJIS表示許可
1978年 エアダスバルブの生産を開始
1980年 交替勤務シフトを変則3交替制から連続3交替制へ移行
1982年 防食継手の生産を開始
1983年 DV継手アイボリー色品の生産を開始
塩化ビニル管継手協会を脱会
第3成形特射品工場(現第3工場)の建設
1984年 OA・弱電部品の生産を開始
エンプラ射出成形スタート
1985年 洋信産業株式会社(現甲府積水産業株式会社)の設立
1986年 電材品PCボックスの生産を開始
防食継手N-LP、SP継手の生産を開始
1987年 排水用VU継手の生産を開始
防食継手用縦型型締射出成形機を日精樹脂工業社と共同開発
CKD社向けエアーバルブ部品の生産を開始
1989年 下水継手のブロー成形原管を内作化開始
1991年 防食継手N-SP継手の生産を開始
防食継手LP-HT、FP継手の生産を開始
継手工場(現第1工場)の建設完成し稼働開始
1992年 40tサイロ4基、MT700、800、HI自動配合供給設備
製品パレテーナ自動搬送機、立体格納庫設備設置
1993年 継手物流拠点として昭和倉庫完成
HI継手無鉛化配合を開始
1994年 資本金1億3000万円へ増資
1995年 TS継手無鉛化配合の開始
電材品セキュリティーBOXの販売開始
TPM活動キックオフ
1998年 電用品第3者認証を取得
1999年 PVC2500t射出成形機の設置
記録的豪雪(49cm)による雪害でテント倉庫4棟被災
2000年 TPM優秀賞第2類を受賞
2001年 山梨精機株式会社を吸収し金型内作化
2002年 ISO9000s認証を取得
電設工業展へ出展(以降3年連続出展)
PVC用電動射出成形機の導入
2003年 PVC三層成形機を東芝機械社と共同開発
2004年 三層リサイクルマスの生産を開始
ISO14001認証を取得
三層下水継手の生産を開始
2004年 物流業務を菱和ロジテム社へ移管(現:三菱ケミカル物流株式会社)
2005年 下水道資器材製造工場の認定取得
山梨県事業TRY産廃スリム活動へ参加
小集団活動を再開
2006年 工場敷地内にあった社宅(18世帯)を廃止
三菱樹脂社が洋信産業社を障がい者特例子会社化
2010年 三層下水マス製品の下水道協会Ⅱ類を認定
工場再構築により外部倉庫取込み
2011年 住関連製品を新規取引開始
2012年 PEパイプ工場の新設
ポリエチレン管・架橋ポリエチレン管の生産を開始
2013年 積水化学グループへ編入
ACドレン継手一部生産開始
2014年

社名を東洋化学産業から山梨積水株式会社へ商号変更
架橋ポリエチレン管の生産撤退
百年に一度の豪雪(114cm)で加工場・テント倉庫倒壊
甲府市・大国地区自治会連合会と3者にて災害協定締結

2015年

環境ライフラインカンパニーの再編事業により東京工場
からの生産移管を受け、生産設備増強拡大。
第2工場、マス工場、金型整備場、第4工場の建設と本館、更衣室棟の建築を竣工

2016年

資本金4億8000万円へ増資

山梨県内初 甲府積水産業株式会社
経済産業省 平成28年度 「新・ダイバーシティ経営企業100選」受賞

2019年

大型自家消費型太陽光発電設備導入
油圧式射出成型機の大規模更新